« グロービートジャパンのFC展開(1) | トップページ | グロービートジャパンのお店と商品(1) »

2007年3月26日 (月)

グロービートジャパンのお店と商品(2)

グロービートジャパンのラーメンのうまさは、全国の食通がうなるほど。そのうまさはいったいどこから生まれるのでしょうか。それはグロービートジャパンのこだわりから生まれるのです。まずはラーメンの命であるスープ。グロービートジャパンの展開するお店のラーメンは、基本的にとんこつベース。しかし、そのスープは並みのとんこつスープとはものが違います。「花月自慢のスープ」には、材料へのこだわりとひと手間もふた手間もかけた味へのこだわりが息づいているのです。

グロービートジャパンのラーメンのスープは、豚骨の中でも最も旨み成分の多い良質のげんこつ、椎茸をメインとする数種類の野菜、大量のニンニクと厳選した背脂を、長時間ことことぐつぐつとたいへんな手間をかけて煮込みあげたものです。このこだわりと手間が、ほかでは絶対にまねのできない食通絶賛のスープとなります。おいしいラーメンをお客様に食べていただきたいというグロービートジャパンのお店に一貫してあるテーマは、まずこのスープの味に表れています。

グロービートジャパンのスープは、その素材の良さもさることながら、スープを煮込む水へのこだわりから生まれたものでもあります。グロービートジャパンでは、一部の店舗を除いて、大自然の浄化作用を再現した3つの特殊フィルターによって作られるph値7.9、硬度27mg/?の「花月ミネラル水」を使用。さらっとしているのにコクがあると評される味わい深い「花月自慢のスープ」を作り出しています。グロービートジャパンだからこその水へのこだわり、基本です。

グロービートジャパンのラーメンへのこだわりは、もちろん麺にも生きています。ラーメンのうまさはスープだけでは決まりません。グロービートジャパンでは、メニューによって最も適切な麺を使い分けています。ここまで麺にこだわるラーメン店は多くありません。まさにグロービートジャパンの味へのこだわりが具現化されている例といえるでしょう。ラーメンを一口食べたときに思わずこぼれる「うまい」の一言、それこそがグロービートジャパンの目指すところなのです。

グロービートジャパンのラーメンのうまさの秘密をおわかりになっていただけたでしょうか。日ごろ、花月の各店で皆さんが食べているラーメンにはこんな秘密があったのです。このラーメンのうまさこそがグロービートジャパンの躍進の原動力。今や50億円を超える売り上げをたたき出す力の源です。ラーメンは、カレーなどとならぶ日本人の国民食。外食の中でもひときわ激戦の繰り返される分野ですが、それだけに商品がよければ商売としてはまさに旨みたっぷり。グローバルジャパンが展開するFC事業について、次にご紹介しましょう。

|

« グロービートジャパンのFC展開(1) | トップページ | グロービートジャパンのお店と商品(1) »