« グロービートジャパンについて知る(2) | トップページ

2007年3月31日 (土)

グロービートジャパンについて知る(1)

グロービートジャパンの名前は知らなくても、「らあめん花月」や「ニンニクげんこつラーメン花月」の名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。実際にお店でラーメンを食べた方も多いでしょう。グロービートジャパンは、らあめん花月をはじめ200店舗以上の飲食店を展開し、年商50億円を超える飲食業界の風雲児といってもいい企業です。1994年の創業以来、わずか10年ちょっとでここまでの成長を遂げた恐るべきパワーのある会社です。

グロービートジャパンという社名の由来についてお話ししておきましょう。グロービートジャパンは、GLOBE,BEAT,EAT,JAPANのそれぞれの語をつないだ造語です。それぞれの言葉に、創業者の思いがこもっています。まずGLOBEですが、これには「世界に通じる商品、サービスの追及」という意味がこめられています。そしてBEAT、この言葉は「目的に向かって躍進していく企業」という意味を表しています。

グロービートジャパンのビートにはBEAT,EATの両方の思いが兼ね備えられています。BEATが「目的に向かって躍進していく企業」という意味を表すというのは先述したとおりですが、EATには「食べることを通じた人間の幸福の創造、外食はエンターテイメントである」という信念もこめられています。そしてJAPANにも「日本発の食文化を世界に発信」という願いがこもっているのです。このグロービートジャパンの社名の由来は、グロービートジャパンの事業展開の隅々にまでいきわたっています。

グロービートジャパンでは、世界に通じる食品であり、かつ日本発の食文化であるラーメンを中心に事業展開しています。今や、日本人の第2の主食といわれるラーメン。もともと中国の食品だったラーメンは日本で何千、何万という調理人の工夫によって、日本において独自の進歩を遂げました。今では、日本の街という街にラーメンの専門店があるといっても過言ではないでしょう。グロービートジャパンは、その激戦区に乗り込み、圧倒的な成功を収めています。

グロービートジャパンの経営する店に行けば、サービスの追及、食べることの幸福、エンターテインメントとしての外食という会社のコンセプトが随所に活きていることを実感できます。ラーメンはたいへんファンの多い食べ物ですから、高い評価を得るのはたいへんです。しかし、グロービートジャパンのラーメンは、創業以来、常に高い評価を得て、ラーメンファンの圧倒的な支持を集めてきました。今日に至る急激な躍進がそのことを証明しています。

|

« グロービートジャパンについて知る(2) | トップページ