« グロービートジャパンと海外戦略2 | トップページ | グロービットジャパンと新商品2 »

2006年7月 7日 (金)

グロービットジャパンと新商品1

グロービートジャパンにおける新商品については、発売予定の3ヶ月ほど前から、次に開発するものの選考に入ります。ちなみにこの時点では、まだ前回の新商品の開発が終わっていない。ということは、開発途中の新商品を仕上げつつ、もう頭の中は次のことを考えているのです。創作系オリジナルバージョンこれは全くのオリジナル。ラーメン店に限らず、その他の飲食店を視察している開発メンバーが、「これはラーメンに応用できるかも!」と挑んだのがこのバージョン。メンバーの感覚やセンスが問われるジャンル。代表例:「GTR」「GTR2」「磯の系らあめん」「伝説の茶樹きのこ入り中華そば」有名ラーメン店や有名飲食店に何度も足を運び、その味を舌に叩き込む。人気ゆえのその味を、一人でも多くのお客様に味わってもらおうと忠実に再現しています。

グロービートジャパンにおける商品の候補選びに関しては、その他、メンバーの気に入った味や企画先行型(Yahoo! JAPANとグロービートジャパンのコラボレーションなど)、時には、北条社長からのリクエストなんていうのもあるらしいです。どのジャンルでいくかを決めた後は、商品化候補選びです。これまで温めてきたレシピの中からビビッときたものをいくつか選び、戦略企画本部との打ち合わせ(キャンペーンとの絡みもありますからね!)を経て、最終決定していきます。

グロービートジャパンの冬の新商品「モーモー味噌ラーメン。」、略して「モー味噌。」このネーミングは、2年前の第1回新商品アイデアコンテストから生まれた。商品自体は違うものの、「モー味噌。」という、アイドルグループのような名前を北条社長が大変気に入り、今回の商品名に起用したのです。

グロービートジャパンの商品が決まったら、いよいよ試作開始。自分の感を頼りに、見まねから始まります。まずは、パーツ(スープやタレなど)ごとに実験し、その後、全体の塩度や甘味や風味といった細かい部分を少しずつ調整していきます。例えば、違うレシピでスープを2~3パターン作り、次の日は、前の日よかったレシピとまた違うレシピのものを比べて、またその次は…。鶏がらや、とんこつを何時間もかけて炊き込んだものの、ダメにしてしまったこともしばしば。多い時は、それを50回以上も繰り返す。何もないところから生み出す難しさを垣間見る瞬間です。ここで気を付けなければいけないことは、通常の完成度が10だとすると、試作品は12まで高めておくこと。なぜなら、製品化した場合、どうしても全く同じ味にはならないからです。

グロービートジャパン 花月マスター

|

« グロービートジャパンと海外戦略2 | トップページ | グロービットジャパンと新商品2 »