« グロービットジャパンと新商品1 | トップページ | グロービートジャパンのFC展開(2) »

2006年7月 7日 (金)

グロービットジャパンと新商品2

グロービートジャパン開発チームが約1ヶ月をかけて出来上がった試作品の製品化に向けた動きを始める。メーカー各社にこちら側が意図している内容を伝えて、出来上がってくるサンプルは、大体1社10テイク。毎回4~5社に依頼をかけるので、ここでも試食を40~50回は行なう計算となる!商品開発とは、粘り強くなきゃ出来ない仕事です。メーカーが生産を始める際は、開発担当者も必ず現地に立ち合う。製品にブレがあってはならないので、確認を行なうためだ。同じ魚でも、天然ものと養殖もので味が違うように、同じレシピのスープでも、原産地が違うだけで、微妙に味が変わってしまうのです。繊細な商品ほど、味のブレが大きく出てしまうので、メーカーに細かく原料を指定して仕上げることもあるのですが、1つ問題なのは、こだわり過ぎると原価も高くなるのです。

グロービートジャパン開発チームが取り組んだ新商品の「モー味噌。」はまだ完成していない。味のバランスが、やはり微妙に違うのだ。さて、発売までこの時点であと1ヶ月。果たして、間に合うのか?正式販売の1ヶ月~半月前から、直営店数店舗で先行販売を行なっています。しかし、ここで全てが終わったわけではありません。製品の味は大丈夫か?店舗オペレーションは大丈夫か?グロービートジャパンでは新商品に対して、まるで子供が巣立っていくのを見守る親の気分で、いつも心配しているのです。

グロービートジャパンが作り上げた試作品もやっとここまでたどり着きました!商品企画を考えてから実際に導入されるまで、長い道のりでしたね。やっとここで一息か?と思いきや、まだ重要な仕事が残っています。それは、出庫数の把握。出数がいいのか悪いのかで、次の生産ロットが変わるので責任重大です。品切れになっては困りますし。あとは、やっぱり味の確認。発売当日には、直営・FC店問わず、直接店舗に伺って新商品を頼むそうです。そして同時に、次の新商品開発の準備に入り、息つく暇のないR&Dセンターの面々なのでした。

グロービートジャパン 花月マスター

|

« グロービットジャパンと新商品1 | トップページ | グロービートジャパンのFC展開(2) »